ストレスなどの刺激により過呼吸が多くなる

一般的には過呼吸症候群とは、ストレスや何らかの原因によって脳内の呼吸中枢が刺激されることによって起こります。 脳内の呼吸中枢が何らかのストレスの原因で刺激されると、普段の状態の数よりも急激に繰り返す数が多くなるのです。

ストレスで過呼吸が起きてしまうケースは頻繁にあります

一分間に何十回と速いスパンを繰り返すことによりですので、ここから次第に血中の酸素が過剰に多くなります。 また、これが極端に二酸化炭素がここでは減ってしまうのです。 そのことで胸苦しさ、口の周辺、手足の痺れなど様々な諸症状が見られるようになってくるのですが、こうした症状に陥ると、立っていられないほどの苦しみに悶えるようになります。 そして、これを一見すると酷い喘息の発作かと見間違うほど酷くなる人もいます。 これによってみるみるうちに顔面蒼白になり、今にもそのまま倒れて亡くなってしまうのではないかと周囲の人間もパニックになってしまいます。

血圧を下げる一覧


落ち着く

予想外

周囲の人間によるストレス患者の応急措置

しかしこうした症状が見られる人が居た場合、周りの人間は落ち着いて患者の介抱に当たるべきです。 痙攣や発作が起こった場合、周囲の人間は応急処置としてストレス患者の鼻や口に優しくハンカチなどを、すぐに当てましょう。 過剰に息を吸い酸素を取り込まないように介抱してあげるのです。 ハンカチがなければ、自分の手で少し空気が吸える程度にし口と鼻を軽く塞いであげるのです。 こうすることで血中に過剰に酸素が取り込まれず、血中の二酸化炭素の量が増えていき徐々に呼吸の荒さが静まりを更に見せるようになることがあります。 本来は何かビニール袋や小さな紙袋をストレス患者の口と鼻に当てます。 これは酸素が過剰に吸い込まれないようにしましょう。 逆高価にみえる二酸化炭素を多く吸い込むようにしてあげるのがベストなのです。 これをペーパーバック法と言い、最も応急処置として用いられることの方が多いような方法なのです。 しかしこうしたペーパーバック法でも息が乱れたままです。 症状が思うように治まらない場合があります。 こうした場合は病院で精神安定剤の注射をしてもらうと、これは次第にタイミングの乱れが治まるようになるのです。

判断


過呼吸はパニック障害の症状【薬を飲まないと悪化する】

スポーツや趣味を打ち込むストレス発散

しかしこのように息が困難が慢性的な人は、どうしても病院や病院で精神安定剤を注射してもらい落ち着くことに依存しがちになってしまうのです。 大きな病院に行けば大丈夫、病院で精神安定剤を注射してもらわなければ苦しい状態が治まらないと患者が思い込む傾向が強くなり、そのことで注射の依存症に陥ってしまうのです。 こうした思い込みは症状が一向に良くならず、慢性化していく一方なのです。 そのため、この疾患の人はメンタルからアプローチした治療法を受けるべきだと言う意見も多いのです。 そもそも過呼吸になる人は、メンタル的にプレッシャー等に弱い傾向にあるのです。 ストレスを感じやすかったり、過度のプレッシャーを感じやすい人であったりします。 緊張しやすくシャイな性格であったりと、繊細で内向的であり神経質で生真面目といった性格特性を持つ人に症状が見られる傾向が強いのです。 真面目ゆえに思い悩み、真面目ゆえに心配しすぎたり、真面目であるが故に神経質になったりと、これから過度に自分にストレスやプレッシャーを与えてしまうのです。 そうしたプレッシャーやストレスがある一定以上のピークに達すると、それが過呼吸と言う体の異変となってあらわれてしまうのです。 そのためこの疾患を根本的に改善していくには、メンタルケアが非常に大事だと言われています。 ある程度大雑把なものの考え方をしたり、もう少し図太い考え方をするようにしたり、なんとかなるといった大らかな気持ちを持つことが大事です。 またいらだちを感じたら、思い悩むばかりでなく、何かいらだちを発散できるようなスポーツや趣味に打ち込むようにするなど自分なりの工夫も大事なのです。 しかし生まれ持った性格は自分でそう簡単に変えることは難しいものです。 そのため心療内科や精神科、カウンセラーによるカウンセリングで徐々に心理的アプローチをし、過喚気症候群を治療していくと良いと言えるでしょう。

しびれ


HOME