二酸化炭素が増えたらしびれを起こします

人間をはじめとする地球上に住む多くの生物は有機物を燃やして生活に必要なエネルギーを作る過程を酸素に依存しています。 このようにエネルギーの生成に必要な酸素を供給しますので、そこでの代謝物として生じたCO2を排出する過程がこの状態の過程です。 体内の酸素と二酸化炭素の濃度は非常に厳密に調節されます。 ここで過度に酸素が低いか、CO2が高いとこれを感知する受容体が、息が苦しい感じを脳に送るようになります。 実は脳は一回の深さと頻度を増やして酸素と二酸化炭素の濃度を状態を保てるように調節します。

過呼吸で体がしびれて動かない

これらの受容体が過度に敏感なって、小さな濃度変化にも過剰に反応すると何がここでは発生するでしょうか?。 ここで苦しくて密閉された空間での必要のない空気が少し高くなったりします。 酸素濃度が少し落ちたときに、正常な人であれば認識されないが、特別に敏感な人々は、すぐに息が喉に詰まる恐怖感に陥ることになります。 神経性呼吸困難、あるいは過呼吸症候群とは、このように過度に敏感な受容体と過活性から始まります。 周辺のCO2の微細な増加を感知した受容体は、しびれや緊急事態という誤った情報を脳に送ります。 身体は窒息するかもしれないという恐怖に陥って可能な限り息をするようになります。 このような過剰な反応は逆に二酸化炭素濃度が過度に落ちる結果を生むようになります。 そして、現状ではこれによって患者はさらに苦しくて、ひどい興奮状態に陥ったりします。 さらには失神やしびれを起こしたりします。

ストレス

落ち着く

しびれや痙攣が続くと不整脈が出来ます

この症状は、息苦しさを感じ、それから抜け出すために過剰に深くするようにして興奮状態に陥ったり、失神にされる場合をいいます。 過度の肺や体の動きに応じて、体の中の炭酸ガスがあまりにも多く排出されて起こる症状なので、これを過喚気症候群といいます。 初期には、眩暈がして頭がぼっとして、目の前がぼやけてため息とあくびが頻繁にでます。

手足のしびれが治まらない時には

さらに進行すると、気が遠くて、卒倒するような感覚を感じながら汗を流して歩き方が不安定な症状が現れます。 わずか数分以内でタイミングが速くなり、少量の吸って吐いてが非常に難しい中、行われます。 神経筋肉系と脳波上の変化が来て、意識低下やめまい、失神、視力障害が発生します。 手足筋の痙攣が頻繁に起こり、手足がしびれと引きつけを起こしたりします。 そして手足のしびれが続きスパンが速くなると、血液が徐々にアルカリ化されるためです。 心臓の脈拍が不規則になる不整脈が発生し、心筋虚血の症状が現れることもあります。 一般的には、人間の感情的なニーズや反応が専用機器を通して表現されたものと見られます。 深刻な不安や緊張やストレス、こういった極度の衝撃などが原因で呼吸数が増えて酸素吸入が多くなり、それによって血液中の二酸化炭素が不足して起きるようになります。

予想外


過呼吸はパニック障害の症状【薬を飲まないと悪化する】

敏感な10代の少女に多いしびれ

だが、実際に体の中の二酸化炭素の分圧は正常値よりも低い値を示すことが特徴です。 突然の不安その他の感情的ストレスを受けたとき、ひどい脳血管不全の際に発生するが、まれに発熱や敗血症、いくつかの薬物などによって現れることもあります。 特に、心理的に敏感な十代の少女によく起こり、一時的な息の停止やショック、全身痙攣やしびれまでおきることがあります。 そばに人がいるときに起こりやすいのが特徴です。

しびれや麻痺が出たら適切な対応をしましょう

治療は、一度安定をして長時間の睡眠をとるようにし、手足がしびれたり症状がひどい場合は、一時的に息を止めたり、自分が吐き出した空気をビニール袋などに入れて再びできるようにすると、発作の症状が鎮まります。 しかし、このような症状を誘発する精神的な問題や個人が持っている心理的な葛藤を精神治療などでまず、解決して行くようにするのが良いです。 したがって、治療の核心は、問題を起こした感情の状態を解決するしかありません。 強い精神的衝撃や深刻な不安などが過呼吸をもたらした情緒上の問題がどこから始まったのか、その根本的な原因を解決することが優先になるべきです。 これには、徹底した精神的な治療しかありません。 必要な場合、抗不安薬を投与するが、あくまでも補助的な治療法です。

判断


HOME