パニック障害の比率と経過

日本でパニック障害の患者は統計においては0.8%と120人に1人の割合になります。 不安障害の一つで診断基準としては発作が予期できない点が挙げられます。 そうなると、この過呼吸は症状の一種にすぎなく原因となるものがパニック障害である場合が多くあります。 それを知らずに薬を飲まずに放置すると危険に遭遇することもあります。 そして不安障害の一種で動悸がしたり息苦しくなったりするのに、レントゲンやMRIでは異常が見つからない状態ですと心療内科にこれが分類されます。 これが、継続してパニック障害で注意する点としては放置すると悪化する傾向にあるので早めに薬を飲み始めることが重要です。

落ち着く

薬を多用することで内臓に負担が掛かる

薬を飲めば過呼吸などの症状が出なくなるかと言えば、緩和される傾向にあります。 但し、薬は症状を出にくくするだけで根本的な治療ではないので、パニック障害が確実に完治することはありません。 これは心療内科に10年以上通っても駄目という方は多くいらっしゃいます。 それが結局はそれはまた、薬の服用量が多いのです。 これが内臓に負担が掛かるのも否定できません。 統合失調症の患者さんの寿命が60歳前後といわれているのは、これは実際は薬の多用によるものらしいです。 死んでしまいそうな発作を抑えられても、この副作用により多臓器不全になっては意味がありません。 どこかのタイミングで精神的な治療に切り替えましょう。 徐々に減らして自ら断薬することが推奨の方法のようです。

判断

パニック障害に効く薬の名前

上記の理由でパニック障害に体に優しく副作用が少ない中国古来の漢方薬を使う人も多いようです。 西洋医学と東洋医学で、どちらがご自身に合うか試してみることが宜しいかと思います。 薬の種類としては「SSRIパキシル」「デパス錠剤」などが、この界隈では有名で漢方薬では「加味帰脾湯」「半夏厚朴湯」などです。 一番悪いケースは、過呼吸や動悸が10分程度出ても放置して、病院にもいかないでいることです。 市販の安定剤でも良いので、パニック障害の症状が出たら早めに対応するようにしましょう。

HOME