泣くことによって発作が起きる際はまず落ち着く

人によってはよく泣く人がいます。

子供などは特に落ち着くことがそういった状態では傾向にあります。

また大人でも感情のコントロールが上手くできず、つい泣いてしまう人がいるのです。

泣くという行為は、涙が出ると同時に嗚咽して息を過剰に吸いすぎる傾向にあります。

涙が止まらない、泣くことは過呼吸では良くあります

嗚咽して息を過剰に何回も吸い込むと、血中の酸素量が急激に増えます。

しかし、それによる二酸化炭素量がかなり通常よりも減少してしまうことになるのです。

これは血中の酸素量が異常に増え、二酸化炭素量が急激に減ることは、体に過呼吸や様々な諸症状をもたらします。

そうすると口の周辺、指先、足の指などしびれが徐々に起こります。

そうなると人によっては顔面蒼白になるのです。

さらに脳内の感覚の信号の中枢が刺激され、自分では適切にコントロールできない異常な回数になり、そして過呼吸症候群にここでは陥ってしまうのです。

この症候群に陥ってしまうと、すぐに落ち着くことが自分の意志では難しくその場に立っていることも、かなり辛いのです。

自分が、ある意味で結果的にこのまま息が上手くできずに死んでしまうのではないかといった状態に陥るのです。

予想外

判断

ペーパーバック法で泣く症状を落ち着くように緩和させる

そして普段できることが落ち着くことができずに何もできなくなり、呼吸にばかり意識がむくのでさらに急激に回数が増え、酷いスパンの乱れに陥っていくのです。 しかし現実は、血中の酸素量が勝手に増えて息の回数が異常に多いだけなので、過呼吸でそのまま亡くなってしまう心配はありません。 泣く症状があらわれたら、口や鼻を手のひらで軽く塞ぐだけでも少しタイミングの乱れが治まることがあるのです。 口と鼻を軽く塞ぐだけでも、大気中の酸素を過剰に吸わなくなるので、こういった症状が緩和されることがあるのです。

泣くことは仕方がないので対応策を覚えましょう

しかし、このように泣く症状があらわれて、自分はもうだめだと理性を失っていると、ここで冷静に口や鼻に手をやり塞ぐことはできません。 こうした場合は、周囲の人間が一刻も早く介抱してあげることが大事なのですが、ここではできればビニールの小さな袋、小さな紙袋があればベストです。 そうした袋を発作のある患者の口元にもっていき、袋の中の空気を吸ったり吐いたりさせるのです。 袋の空気は次第に自分が吐いた二酸化炭素で充満するので、二酸化炭素を多く吸い込むことになるのです。 すると酸素が多すぎた血中が、次第に二酸化炭素量が程よく多くなっていき、繰り返しの乱れが徐々に落ち着きを見せるようになっていくのです。 これをペーパーバック法という対処であり、過呼吸症候群の患者に最も施される対処法なのです。 しかし酷い泣くシチュエーションの場合は、ペーパーバック法で落ち着く冷静にが治まらない場合があるのです。

しびれ


過呼吸はパニック障害の症状【薬を飲まないと悪化する】

行動や落ち着く習慣を改善するだけで軽減する泣く症状

こうした場合は精神安定剤を注射し、メンタルから落ち着かせ、泣くのを止めて息の乱れを整えるしかないのです。 こういったパターンでは、自分はもうだめだ、この状態の乱れで死ぬのではないか、など過呼吸を不安に思えば思うほど症状が悪化することが多いのです。 そのためこの疾患は精神疾患の一つ、パニック症候群の一つと考える学者もいるほどなのです。

泣くことを無理に辞めさせずまずは気持ちを収める

確かにこの疾患はメンタルとの関連性を否定することはできません。 非常に不安感にかられたとき、大変心配な事が起こったとき、大きなプレッシャーや重圧を感じたときなどにこの発作があらわれやすい傾向にあるのです。 泣くと言う行為も非常に恐怖や不安、絶望を感じたときに自然と起こす行動でもあります。 そのため過呼吸の抜本的治療には、メンタルからアプローチするほうが良いとも言えるのです。 ペーパーバック法や精神安定剤の注射といった対処療法で過喚気症候群を完治させるには限界があると言えるのです。 抜本的に完治させたい場合は、まず心療内科や精神科医にどんな時に不安を感じるのか、不安はどこから来るのかです。 何が心配なのかなどを正直にオープンに話し原因をつきとめ、それに対応する心を、冷静に対応できる心を養っていかなくてはいけないと言えるでしょう。 不安だから鳴咽、 心配だから泣く、落ち着かずにプレッシャーを感じて泣いてしまうといった悪い稚拙な行動や習慣を改善していくだけでも過喚気症候群に陥る機会を軽減することができるのです。

ストレス


HOME