運動を長時間続けることが予想外の原因の一つです

突然急に、もしくは徐々に息が苦しくなり、手足や唇の痺れ、呼吸困難、頭のふらつき、眩暈、耳鳴り、吐気など様々な症状を及ぼすことを一般的に過呼吸発作といいます。 その症状は個人差がありますが、酷い場合はテタニー症状といって指が予想外に痙攣したようになることもあります。

精神的な不安が過呼吸の一番の原因

また極まれに意識混濁が見られることもありますが、基本的にこのシチュエーションは生命を脅かすことはなく、後遺症が残ることがないとされており、これがどれだけ強い状態が起きたとしても時間と共に必ず回復に向かうものです。 そして、基本的にはこの過呼吸発作は、必要以上の摂取を行うことが原因で、血液中の二酸化炭素が極端に減少しますのでアルカリ状態に陥ってしまうことで症状がでるものです。 傾向として性格よりも男性よりも女性に多く、若い世代に多く見られます。 これは一番有名なのは過換気症候群と呼ばれるような精神的な不安からによって引き起こされたものです。 これは激しい運動を行った直後も同様の症状に陥ることがあります。 やはり、これは運動そのものが問題というよりも、このような運動を長時間のスパンで披露しても続けることによって神経系に問題が、ここで発生していることが原因だと予想外に考えられます。

判断

しびれ

原因の一つに精神的不安も予想外に考えられます

主にマラソンなどの長距離走や、長距離の水泳、サッカーなど酸素を多く必要とするような運動が終了した後が予想外で過呼吸で危険とされています。 運動以外で発作が起きる場合は、先述したように精神的不安が原因となる過換気症候群であることが多いです。 つまり、自律神経と関係が深いため、元々の性格の影響も大きく、元々、ここでは何事に対しても不安を抱きやすい方や神経質な方、几帳面な方などが発症しやすいのです。 しかし、そうした性質ではなくとも過剰な心理的ストレスを持続的に受けることが原因で誘発されることがあります。 ただ難しいのは蓄積されたストレスに対して日常で自覚症状がないと思っている人でも突然発症してしまうことです。 これは個人の身体反応の体質によるものと考えられています。 例えば、不意にストレスを感じた時の代表的な症状として胃の痛みなどがあります。 それ以外にも頭痛を感じる人や、予想外にお腹の調子が悪くなる人など個人差もあり様々います。 過呼吸発作を起こしてしまう人は、無意識だったとしてもストレスを感じた時には、内臓機能に反応が出やすい体質なのかもしれません。

ストレス


過呼吸はパニック障害の症状【薬を飲まないと悪化する】

パニック障害で引き起こす原因も予想外にある

またこうした症状はしばしばパニック障害の一つとしてとらえられ、このような過呼吸を引き起こす予想外の原因も普通の性格ならばなんでもないことだったりします。 例えば、騒音などの音に対して敏感に反応したり、いきなり声をかけられて驚いた時や、雑踏の空気の動きだったり、周囲の雰囲気によって引き起こされたり、と個人個人によって全く違ったことが引き金となりえるのです。 もしも、電車の中で突然気分が悪くなったり、息苦しさを感じたりした場合は程度の差はあれど、基本的には大抵がこの過換気症候群によるパターンが原因だと考えられます。 しかし、まだこの段階ではパニック障害を発症している可能性は低いと考えられます。 ただし、このケースが、将来的にももっと重くなるとパニック障害を発症する可能性が高くなるので放置をしておくことは危険です。 そのため、こういった症状が頻発するような場合は、必ず病院に行き適切な治療を受ける必要があるでしょう。 また緊張や不安で引き起こすような場所などが自分で分かる場合にはどうでしょうか。 なるべくその場所へは行かないようにするなどして自己防衛策を取ることも大切です。 その他、過労や寝不足、ウィルスの風邪などによる体調不良でも発症は助長されるのです。 体調管理には気を遣う必要があります。 過呼吸発作への原因と対策としては、普段からストレッチや軽い運動を行い乱れてしまった自律神経の調子を整えることが一番に挙げられます。 また意識的にゆっくりとした安定を心掛けるようにするのも有効で、これは万が一起きてしまった時にも使われる手段です。 以前は外出先などで起きてしまった時には、紙袋などを口に当てる方法が推奨されていましたが、予想外でも現在は逆に本当に窒息を招くとされ勧められていないので気を付けましょう。

落ち着く


HOME